So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Windows 10 Creators Update 後に、XGworksをインストール [XGworks V4.0]

半年前のブログにも書きましたが、
  Anniversary Update後のWindows10でXGworksを使う
で、Anniversary Update後のWindows10にインストールした時、
XGworksのセットアップアイコンが終了してくれなかったり、
かなりやばいなと思ったので、
Creators Update後のインストールは、どうかなと思ったのですが、

 

スムーズにインストールできてしまいました。
もちろん、インストールには、
互換性のトラブルシューティング を使ってます。
詳しくは、
Windows10(64bit版)でXGworksが使えた を参照してください。

無題3.jpg



設定                                                           無題.jpg


> システム                                                 無題2.jpg


> バージョン情報 の                                 
バージョン 1703
OSビルド 15063.540                                  3.JPG


なので、Windows 10 Creators Update まで済んだ状態。
前回、書いた、
  Windows10上の、XGworks ST を外部音源につないでみる
で、EDIROL UM-1X のドライバが自動でインストールされたり、
Windows 10 Creators Update の状態が、
古いソフトのインストールには、いい方に向いてるのかも・・・


Creators Update というのは、
[Windows10] Creators Update について によると、キャプチャ.JPG

2017年4月11日 にリリースされたアップデートということです。



設定 > システム > アプリ で確認すると、
YAMAHA XGworks Ver.4.0 利用不可 と出てます。キャプチャ3.JPG
利用不可でも、使えるということです。
どの程度、使えるかは、わかりませんが・・・














 

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。