So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2016年04月 |2016年05月 ブログトップ

Windows7(32ビット版)のWindows Help プログラムがインストールできない [XGworks]

ThinkPad T520 32bit版Windows7で、
ヤマハのソフトシンセ
S-YXG50が使えたので、気をよくして、
XGworksのヘルプを表示できるようにしておこうと思ったら、
このThinkPad T520は、以前から、
アップデートで不具合を起こしていたのを思い出させる事態におちいってしまいました。

Windows 7 用 Windows Help プログラムのインストーラーを
  https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=91
ダウンロードして、実行しても、
いつまでもこの状態が続いて、インストールできない状態

キャプチャ.JPG

続きを読む


Windows7 32ビット版なら、ヤマハのソフトシンセサイザー S-YXG50が使える [XGworks]

XGworksにバンドルされているソフトシンセサイザー S-YXG50ですが、
Windows7上では使えないものと、思い込んでいましたが、
Windows7でも、32ビット版の方では、ちゃんと使えるんですね。
発端は、XGworksのヘルプと同じ、
  ■ 2009.11.25 Windows7でXGworks V4.0
  http://hobby.r-bear.org/?eid=1222010
のコメント部分。
    試してはいませんが「4.01.29 Legacy」は
    32Bit版 ドライバーという仕様から
    Windows 7 64Bit版では動作しないと思われます。
    インストールに成功していれば
    「YAMAHA SXG Driver」という名前で
    登録されるはずです。

これを読んで、もしかしたらS-YXG50
Windows 7 32bit版では使えていたのかもしれないと思いました。

 S-YXG50は、XPの時も、アップデートプログラムが出るまで
http://download.yamaha.com/search/detail/?category_id1=16244&product_id=1041698&asset_id=21244&language=ja&site=jp.yamaha.com
WindowsXPでは使えなかったものです。
そのアップデートプログラム
XG50 Ver.4.01.29 Legacy JPですが
XPに入れるのに、ふつうの方法では実行できませんでした。
ふつうは、S-YXG50をインストールしてから、
XG50 Ver.4.01.29 Legacy JPを実行すると思いますが、
XG50 Ver.4.01.29 Legacy JPをパソコンにダウンロードしてから、
パソコンのCDドライブに、S-YXG50の入ったCD-ROMを入れて、
それからXG50 Ver.4.01.29 Legacy JPを実行するという
方法でないと
XPのパソコンに入れられませんでした。

続きを読む


Windows7上のXGworksでヘルプを表示させる [XGworks]

XPで使っていた時との違いは、
バンドルソフトのソフトシンセサイザー S-YXG50
が使えないこと、
ヘルプが表示できないこと、ですが、結論から書くと、
ヘルプの方は、かんたんに表示させることができました。

キャプチャ4.JPG

その方法ですが、

続きを読む


Windows7(64bit版)にXGworksを入れてみる [XGworks]

Windows98時代のヤマハのシーケンスソフトで、
エレクトーンとの相性がいいといわれていたXGworksの講座に通っていたのは、
1998年~2000年の、私がまだパソコンを持ってなかった頃だと思います。
この講座自体、
エレクトーン研修の一端で行われていたもので、スクリーンショット(2016-04-26 18.37.25).jpg

純粋な、パソコンソフトの講座というものではありませんでした。

そういえば、XGworksも、Windows7を使うようになってから、
パソコンにインストールしなくなっていました。
Windows7でも、インストールして使えないことはないのだけど、
XGworksにバンドルされているヤマハのソフトシンセサイザー
S-YXG50が、
Windows7上では使えないので、
XGworksのデータを
パソコン内蔵のMicrosoft GS Wavetable SW Synthで聴いていたら、
耳が疲れてしまって、それ以来、
XGworksは使わなくなっていました

  ■追加 2016年4月
  実は、このブログを書くようになって、
  Windows7(32ビット版)なら、
  ソフトシンセサイザー S-YXG50が、
  使えるのがわかりました。

  http://fumie-dtm.blog.so-net.ne.jp/2016-04-19-1

 

でも、先日、歌ったメロディーをMIDIにして欲しいと頼まれて、
音は採譜したのですが、採譜した音(楽譜)をMIDIにするには、で、
私はDTMには縁がなかったな~と。
以前、何年も前のことだけど、同じことを頼まれた時は、
まだWindows 98SEのノートパソコンも使っていたので、
XGworksで入力して、MIDIで保存した記憶があります。
今はフリーのシーケンスソフトでいいのがありますが、
それで使い方を覚えるより、
とりあえずXGworksを入れて入力した方が早いかなと、
ThinkPad W520 64bit版のWindows7にインストールしてみました。

キャプチャ.JPG

続きを読む



-|2016年04月 |2016年05月 ブログトップ